タレは少なめの方が美味いのかもしれない

昨日は簡単な焼肉丼を作ったが、まぁまぁ上手く行った。先日作った焼肉丼はオリジナルのたれに挑戦したのだが醤油を入れすぎたせいで味も単調できつくなった反省から、今回は余っていた市販のタレにして、分量も少し少なめを意識した。

どうしても焼肉のたれというのは甘辛い食べやすさも手伝ってついつい多く使いすぎてしまう。そうなると肉の味ではなくタレの味になってしまう。普通に美味しく食えるわけだからタレに問題があるなんて考える余地は出てこない。

失敗した焼肉丼のおかげで、今までタレに頼りすぎていたことに気づけたわけだ、考えてみると旨い肉というのは塩コショウだけで十分だったりする、むしろタレをかけると逆効果にすらなる。

今は市販のタレも種類が充実しており、手軽に美味い肉料理が食えるのだが考えてみるとそれは肉ではなくタレの味である。タレの量を控えて肉の味を楽しもうではないか。


コメント

タイトルとURLをコピーしました