意外と忘れがち、YouTubeの趣旨や目的 、本質は自己表現ツールなのでしょう

ユーチューブというと仕事や小遣い稼ぎのツールのイメージがある。世間は違うのかもしれないがオレはそう思っていた。いろいろプライバシーポリシーやルール等調べているうちに、そもそもYoutubeとは何なのかという疑問が沸き起こりこの記事につながるわけだが調べたところで意外とこれが見つからない。

最近は投稿ルールや著作権が騒がれるようになってルール関係の情報はすぐに出てくるのだが、ユーチューブの根っこというか元々の趣旨や目的というべき情報が見つからなかった。

意外と苦労しましたがyoutubeのページをガチャガチャクリックしていたら何とか見つかりました。
YouTube について – YouTube

詳細はリンク先にお任せするとして、ざっくりいうと”表現”と”自由”なのかなと思いました。

ちょっと視点を変えると、ネット世代以前の人にとって、テレビの中の人間になることは夢みたいなものでした。おそらくユーチューブや初期の動画配信コンテンツというのはその夢を実現することを意識したんじゃないかと思います。自分がテレビの主役になれる。

こうして夢は叶い、誰もがテレビの主役になれる時代になったわけですが、この次は人々は何を求めるのでしょうか。案外原点復帰で一対一、目の前の人間を大事にするというコミュニケーションが見直されるのかもしれません。


コメント

タイトルとURLをコピーしました