玄米はちょっと長めに水に漬けた方が良い

コメは6分づきで精米して食べている。いろいろ比べてここに落ち着いたのだが7分では白米感が強くて栄養分が減ってしまっている感が強いし、5分だと玄米感が強くて炊いた時にボソボソしてしまう。6分というのがそこそこ栄養素を残しつつ許せるくらいの玄米のクセが残る最適値ということになった。

コメというのも同じ銘柄でも生産者によって味が違うようで、ふっくらツヤツヤに炊ける時もあるし、ボソボソ感が強いこともある。精米機も調子の善し悪しがあるようで、精米が足りないこともあるようだ。

今回記事を書くのは上手く炊けなかったのがちょっとしたコツで上手く炊けるようになったからで、理由は簡単。

浸水時間を少し伸ばしたこと

いつもは30~40分くらいだが、今日は50分でやったらボソボソ感が少なくて比較的上手く出来た。

冬場というのは水温が低いから浸水時間を少し長めに取った方が良いのは知っていたが、米ぬか自体が油分を含んでいるから、米ぬかの量に合わせて浸水時間を長く取った方が良いらしい。

今回は成功したら、これが本当なのかしばらく継続して様子を見てみる。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました