NEED FOR SPEED Heat は一般車両とバグとの戦いだと思う。

昼間はそうでもないが、夜になると設計の悪さが目立つHeat、もちろん理由あっての辛めの設計ではあるが、走りの爽快感よりストレスが溜まることが多いのが残念だと思う。

ブラインドコーナーで全車線を塞ぐ一般車両、分かりづらい道路の分岐、これまた分かりづらいコースガイド、特にコースガイドは点滅の周期が長めなのでタイミングに寄ってはガイドが表示されないままコーナーに突入し道を間違うケースが少なくない。どうしてこういう設計にしたのか良く分からない。

不親切さや分かりづらさで難易度を上げるのは不快感やストレスをプレイヤーに与えるだけだから、プレイヤーを繋ぎ止める上では逆効果だと思う。

ボタン兼用により修理キットが勝手に使われるのは困るし、マシンが転倒したときに復帰しないのも困る。

大枠はいいのだが要所要所で設計の粗が見えてしまうのがHeatである。PBや2015はそれほどでもなかったんだけどね。

開発チームの移籍からも分かるように開発体制が不安だったことが伺える。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました