今更ながらエースコンバット6を始める

気になるゲームでエースコンバット7がある。最近はちょくちょくセールも入るのだが、割引額がそれほど大きくなく食指が動かない。考えてみたらACは1から4までプレイしたのだが、それ以降は大分ご無沙汰だったし、最近の旧作も気にはなっていので、XBOXの下位互換対応のAC6を買ってプレイしてみた。

十年ぶり以上に久々にプレイするAC。イージーモードにしたのにこれが超難しい。敵機の数は半端なく多く撃ち落としても撃ち落としても次から次へと湧いて出てくる。ミッション終了までに20分以上かかっていた。最初からこんなに難しくて大丈夫なのだろうか。

心配は案の定的中し、アマゾンのレビューでは難しさに対するクレームも少なくない。

とはいえPS2依頼のACはグラフィックやサウンドが進化しなかなか感動できた。臨場感もすのすごくて、自分が敵の銃弾を食らったときには身体が何度震えたか分からない。

そんなわけで難しさには戸惑ったたり印象を悪くした部分もあるのだが、映像や演出技術の進化にさすがのACと唸ってしまったのである。10年昔の超旧作なので300円で買ったけど内容的には3000円以上の価値があると思う。

これからAC6についてはいろいろ語っていくが、オレの中ではPS2からXBOX360の進化なのでかなり綺麗になった印象はあるが、XBOX ONEに慣れた身としては画面の粗さを感じてしまう。そうは言ってもプレイしだすとさすがのACということで粗も気にはならなくなる。

この調子だとAC7を買うのは遠くないと思うが、箱360から箱イチクオリティになるとどれくらい驚くことになるのだろうか、今から楽しみである。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました