エースコンバット 6 エンドロールは日本語にして欲しかった

世界市場のゲームなのでローマ字のエンドロールは当然だったり仕方ないとは言え、日本の作品なのだから日本語で書いて欲しかった。

メーカーの事情や言い分は想像できるのだが、欧米権に媚びを売っているように感じたり、日本を卑下しているようで、アルファベットはどうも好きになれないのだ。

最近は映画を見ないので何とも言えないが邦画のエンドロールはしっかり日本語で書かれているはずだ。ましてやAC6のシナリオは映画タッチで描写されているから余計にアルファベットのエンドロールに違和感を感じる。

日本人が作った作品という自覚、日本という国に誇りを持っているのなら、自分たちの名前こそ自分たちの国の文字で書くべきではなかろうか。いろいろ文句は言いつつもエースコンバットシリーズは日本を代表するは良く出来た世界的なゲームだと思う。それだけに愛国心とかアイデンティティーというものが感じられないのが悲しくてならない。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました