設計がイマイチな残念なゲーム エースコンバット6

良いところもあるのだが、それ以上にプレイヤーに不親切で遊びづらい作品。やはり設計が自己満足的で非常に良くない。万人向けではなく、コアなゲーマー向けの作りになっていて良くない。悪い意味でオタク気質のゲーム好きが、同様にオタク気質のプレイヤーを相手に作ったような作品で、普通のプレイヤーが普通にプレイして楽しめるように作られていないトチ狂った設計になっている。

ロード時間は短くて良いのだが、それ以上に欠点が目立つ。

・回復ポイントの位置が無駄に遠いため、時間のロスが多いミッションがある。ミッションによって特殊兵装の切り替えることが遊び方のコツであるが、無駄に何もしない移動時間が長いのは全く意味がない
・ミッションのクリア条件や失敗条件が非常に分かりづらい(何をすればいいのか良く分からない)
・とにかく当たらない機銃とミサイル
・1つのミッションが長く、セーブポイントが少ないため、拘束時間が長い(普通にプレイして約30分前後)
・ゴチャゴチャして分かりづらいマップ
・オブジェクトが多すぎて照準の切り替えが思い通りにならない
・次のミサイルが撃てるまでの待ち時間が長い
・バグでミッションが強制終了
・音関係ががクソ(悪くはないが印象に残らないBGM、ジェットエンジンの音がほぼ0、被弾の音が無駄にデカイ)
・基本は対地ミッションの作業ゲー
・対空ミッションは敵機がチート挙動

AC1より少ない機体数なんてまだ可愛い方だ、とにかくゲームとして成立していない。

コアなファンも満足させようと難化で失敗してメチャクチャな作品になってしまった。

料理ならばせっかく普通に出来ていた料理に意味もなく塩や砂糖を大量に投入に食えたもんじゃなくなった失敗汚料理。

それに等しいのが本作

エースコンバットシリーズに求められる爽快感や空中線を楽しむという要素が非常にスポイルされてしまっている。もちろんゲームシステムのアイデアは良いのだが、まず説明不足で分かりづらいし、味付けが難易度やオブジェクトの数が非常に良くない。

敵の数を増やして迫力のある戦場を再現するのは良いのだが、であればミサイルの待ち時間を減らし、的中率を上げて爽快感を出す味付けにすべきだろう。敵の数は多いのに次のミサイルがなかなか撃てない、機銃はほとんど当たらない。こんな状況ではプレイして気持ち良くも楽しくもなるはずがない。

ゲームというのは難しければ良いのではない、プレイの工夫や努力に応じて結果が反映される必要はあるし、接待ゴルフ的要素もあるからガチガチに情報収集をしなくても、何度かトライしていればコツや法則性を見つけて自助努力でクリアできるように作るべきで、ネットやYou Tubeで必死に調べないと分からないようなゲームというのは作り方として間違っているのである。

作り手に親切心が感じられず底意地の悪さを感じてしまったのが本作である。幼少の頃に人からいじめられた経験があったり、人に意地悪をしたり、困っている人間を見て喜ぶ猟奇的性格としか思えない。

ここまで書くのも旧作のACは非常にバランス良く出来ていたゲームらしいゲームだっただけに、AC6の酷さが目立つ結果となってしまった。AC6はいくらかの良い部分とそれ以上の欠点にまみれた残念な作品だった。とにかく説明不足とバクの多さは酷いものでβ版レベルのクオリティである。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました