ファミコン時代のクソゲーレベル エースコンバット7

前半から酷い作りと思っていがミッションが進むにつれて、酷さがどんどんましていく。

レーダーは使い物にならないし、常に理不尽挙動のUVAと戦っている。

UVAが出てこないと思ったら狭い谷の中をチマチマと飛行し

ちっとも当たらない性能不良の特殊ミサイルで敵のミサイル発射装置を破壊する。

爽快感0、達成感0、(数十回のリトライと攻略情報の調査で)無駄に消耗する時間

いつになっても終わらないクソミッションの数々、むしろどんどん程度が酷くなる。

開発者の執拗なまでの嫌がらせが終わらない。

このゲームはプレイヤーに訴えつづけるものは

ゲーム依存から脱却なのかもしれない。

これがエースコンバットだと思うと腹が立って仕方ないが、エースコンバットの皮をかぶった理不尽弾幕シューティングと考えると全てが腑に落ちるのである。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました