次のミッションが苦痛で仕方ないエースコンバット7

無駄に長ったらしく悪意のあるミッションの数々

別の日にやろうとミッションを終了するとまたやり直しになるから、各ミッションをクリアするか諦めるまでゲーム機の電源を落とすことが出来ず非常に不便。

無駄に拘束時間が長すぎるんだよ。

AC7はクリアするたびに次のミッションではどんな嫌がらせを受けるのだろうかと不安になる。

ぶっちゃけ単なるプレイヤーへのストレステストとしか思えない駄作。

古き善きエースコンバットはどこへやら、実機の戦闘機は完全に蚊帳の外、AC7はアニオタが妄想する特殊兵装と架空機がチート挙動の無人機と謎の架空の巨大飛行物体を相手に戦う、良く分からないSFトンデモ運ゲーシューティングに成り下がってしまった。

後半のミッションなんてホント酷い。敵機がチート挙動だから真面目にプレイなんてやってられない。機銃打ちっぱなし、ミサイル乱射で完全に弾幕系シューティング。

もちろん、ひとつふたつこういうSFチックなミッションがあるのは構わない。しかしこっちがメインで、リアリティのある戦場ミッションの方が例外になると頭がはてなになるのです。

私はゲームを買い間違えたのだろうか?

何度頭をよぎったか分からない。

AC7は、求めているのはこれじゃない感が半端ないのだ。

しかもミッションの半分は雲か風か夜の悪条件。まぁ戦場のリアリティがあっていいんだけど、こういうミッションはマンネリ解消のアクセントとして時々出てくるから面白いわけで、こっちが主になったら単なる嫌がらせでしか無い。

ACの魅力って大空を自由に飛び回ってドッグファイトじゃないんですか? PS1、2時代のACは空を自由に飛べて気持ちよかったよね。しかもミサイルや機銃の的中率も程よかったし。

旧作は普通に遊べたから楽しくて自然にやり込めてたけど、本作はプレイヤーを直ぐにクリアさせまいと余計な演出過剰が逆効果になっている。こういう複雑で意地悪な作りがやりこみモチベーションを落としている気がする。

過保護な作品っていうのは却ってプレイヤーの気持ちが離れる原因になると思うのです。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました