エースコンバット8 は数は出るだろうが、金額は落とすと思う。

シリーズが進むごとに高評価と低評価をするファンの二極化が進み、低評価をするファンが増えているような感もある。

ガチ層やアニオタ層の反応は非常に良好だがリアル志向やライト層、旧作を支持する人の反応は非常に良くない。

レビューや攻略サイトのコメントを見ているとAC7はそれほど酷い作品とは思えないのだが、レビューやコメントを書く人は作品に対し気持ちが残っているプレイヤーであり、こういう人は全体の中ではごく少数である。

つまり大多数のプレイヤーは情報発信やレビューやコメで反応もしない、コア層から見るとライト層と言われる人たちである。

トロフィー実績から考える エースコンバット7 やはりクソゲー

こちらの記事でも書いた通りAC7の実績から明らかな通り、クリア出来たのは約18%、序盤のミッションで過半数が辞退してしまう、非常に難しい、不親切な作品であることを示唆するプレイヤーの反応であり、とっつきづらい、分かりづらい、拘束時間が長いACに対する悪印象を大多数のライト層の持つことになってしまった。

これが次回作のセールスにどう反映されるか考える。

次回作が出ればコアなファンは発売日に買うだろうが、それ以外の多数派はAC7の難化のトラウマで様子見で買うことになるだろう。そこそこのファンはレビューが増えてきてから、更に慎重派はレビューで様子を見て、セールの時期を狙って買うことになる。

つまり、次回作では定価で購入するプレイヤーが減り、セールで購入するプレイヤーが増えると予想している。もちろんACは名前のあるタイトルだから発売本数は数十万クラスを確保するだろうけど、セールの時期に買うプレイヤーが増えて金額は落とすことになると思う。

プレイして分かったが、AC7はなかなか良くできている。

しかし(ボリュームや難易度が)重すぎるのだ。

気合が入っていたのは分かったが、その気合についていけるプレイヤーは決して多くは無かった。

空回り感が目立ってしまった迷作である。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました