エースコンバット7 攻略の鍵は特殊兵装選びだと思う

強力なF35やF22のようなリアルで強力な機体、次いで架空機体を使えるようになると、AC7を楽しむ余裕が出でくる。

ここまでたどり着けるプレイヤーが1/4にも届かないというのは非常にもったいないし、ストーリーは当然、マップの細かいところまで作り込みが丁寧でしっかりしているだけにネガティブ評価をつけられてしまうのは残念でならない(もちろんそういう作りにしてしまった制作側にも責任はあるけど)。

ノーマルをクリアしてハードに挑戦している。最初から高性能なF35やF22、架空機体が使えたり、操作に慣れてきた事もあり難易度が上がっても実際に難しくなった実感は無く、むしろイージー時代の方が大変だったと、つい数日前の昔を懐かしく思う。

しかしスコアクリア系のミッションは条件の得点が上がってクリアできないことが増えてきた。結局原因は特殊兵装をこだわらず、地道に4や8AGM、ノーマルミサイルやで地上オブジェクトの破壊をしたいたからで、地上オブジェクトが密集したミッション11なんかはLACMを使った所、楽にクリアできた。

AC7は機体よりも特殊兵装で難易度が決まると思う。次にパーツによる機体の強化で、(特殊兵装以外の)機体の性能は最後。慣れると分かるが、新規プレイヤーには特殊兵装の重要さに気づきにくいのがAC7を理不尽なクソゲーの烙印を押される原因になっているし、特殊兵装やパーツによる機体強化がが攻略のカギだと分かるとこのゲームは良ゲーに化けることになる。

特殊兵装もパーツも難しくは無いんだけど、とにかく分かりづらいんだよね。数はそこそこあるし、略語ばっかりで意味不明(暗記ゲー)。説明はもちろんだけどUIの配色やレイアウト等デザインを変えるだけでも大分マシになると思う。パーツなんて緑以外の2つの項目はアイコンの色がほぼ同じで区別がつかないから論外のデザイン、特殊兵装やパーツはカテゴリ分けして表示することで分かりやすく出来たと思う。

UI設計はおしゃれ路線を狙ったのだろうが配色もレイアウトも分かりづらくてホントクソだと思いました、UIに求められる基本がなっていない。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました