エースコンバット7 SP MISSION 2「Anchorhead Raid」はクレームが入った気もする

SPミッションが比較的好評なのも分かってきた。実機主体の空中戦とSP1ではドラマチックで荘厳、SP2の後半ではロックで爽快なBGMとのマッチングが非常に素晴らしいACらしさ出たミッションだと思う。そうは言ってもSPミッションの方もやはり初心者にはかなり難しいのでSP1と2の復帰ポイントはもう少し細かくして欲しかった気もするが、熟練プレイヤーなら現状の復帰ポイントで良いと思う。

この難しさはプレイヤーを甘やかさないで何度も攻略の研究とトライして壁を乗り越えて欲しい、という見えない開発者のメッセージに思えてきたが、AC7以外にも娯楽があるような普通の人たちには余計なお世話である。

本編は当然なのだがSPの方ももう少し初心者に優しい作りにして、そこから上のプレイを目指して何度もプレイしてもらってファンになってもらった方が良かった気もする。特殊兵装選びや攻略のコツを掴むとリピートできるくらいに非常に面白いのだが、それが分かりづらいものだから時間のない人や初心者は、弾幕空中戦にさじを投げると思う。

熟練者は楽しませてくれるのだが、ミーハー層や初心者には手厳しすぎる。AC7はツンデレゲームなのだ。

さて本題、難易度の話になるがSPミッションを1、2、3と遊んできて思ったのは、SP1が標準よりやや難しいレベル、SP2がゲキムズレベルだと思った。

時間軸から考えてSP3はSP1と2、SP2はSP1の反応をみて難易度の調整しているだろうと予想している。

開発側の考えはSP1でプレイヤーの評判が好評だったのでSP2では熟練プレイヤーの要求に答えるべく、歯ごたえ(難化)を出すことにした。しかしSP2ではかなりの難しさにSP1では反応しなかった多くの中間レベルのプレイヤーからクレームが入り、SP3で簡単な味付けにした。と思っている

なぜこれを書いたかと言うとSP1は練習すれば安定してクリアができそうなのだが、SP2は前半も後半もかなり難しくなったと感じた、一方SP3はSP2に比べると大分簡単になったし、復帰ポイントの位置も初心者寄りの味付けになったと感じた。

何度かトライして思ったが、SP2は特殊兵装を上手く選んでも前半もそこそこ難しいが、後半の変な二人との対決はUAVと戦っているようなもので、ただの理不尽ゲーム

ルーチンが決まっていたり、簡単すぎてあっさりゲームが終わるのはプレイヤーにはつまらないかもしれないが、かといって理不尽な作りをプレイヤーは求めているわけではない、あんなのはクレームが入って当然。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました