コロナ騒動で昭和に逆戻り

店舗の休業や早仕舞いが当たり前になってきた。しかし考えてみると昭和のスーパーというのは夜の7時8時に閉まっていたわけで、9時、10時まで当たり前に開いているのはここ3、40年のことである(とは言っても3、40年は長い時間だが)。

今の生活が当たり前になると不便に思えるのだが、ネットは使えるし、通販で買い物もできる。コンビニはそこら中にあるし、閉店時間が早くなったとは言えスーパーは有るわけで、コロナ規制の昨今の生活が不便ということは無い。

結局はお金が入ってこないことが心配のタネなのかもしれないけど、まぁ使い方を変えるしか無いよね。定期的に給料が入ってくると思い込んで、湯水の感覚で買い物をしていた今までの使い方が間違っているわけだから。

お金を粗末に扱うとバチが当たるのです。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました