コロナ対策は却って人間を弱くするのかもしれない

全く収束の兆しが見えないコロナ騒動である。スーパーに行くとマスクやガーゼ、消毒用品が品切れなのは当然。スーパーの入り口には消毒用エタノールが常備してあって、手を消毒する人で賑わっている。

消毒の効果は正直良く分からない。あの程度の消毒で除菌できるなら、そもそも感染力は低いと思うし、身体や呼気からも感染すると言われているから、商品に触れるとは言え、手の消毒は殆ど意味が無いような気もする。

本題に入るが、清潔であることに越したことはないのだが、神経質になって潔癖の領域までいくと、逆に自己免疫力が低下して却って身体が弱くなってしまうのではなかろうか、自己免疫力で対処できないから薬に頼る、そんな治療を繰り返すものだからいつまでも自己免疫力が進化しない。

病気を克服するために自己免疫力を強化するのが重要で、そのためには皮肉なようだが時々病気にかかる必要があるように思う。

十分な水分、十分な睡眠、これが副作用のない万能薬だったりするのだ。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました