F1の楽しみ方はレギュレーションを知ることなのかも

コドマスのF1 2019をやっているが、なかなか考えさせられる。映像技術は今の技術で文句なしなのだが、残念なのは音関係。You Tubeでは実写の迫力のある音が出せているわけだし、You Tubeや実車の音源の使用がダメならもう少しエフェクトを工夫して迫力を出して欲しい。

開発に数年は当たり前にかかるレースゲームでコドマスのF1シリーズが毎年リリースできる理由は今まで考えたことも無かったが、プレイすると当然のこと考えさせられるし、理由も直ぐに察しがついた。

結局ゲームシステムやコースやマシンは旧作のソフト資産の使い回しができるから短期間で開発が可能なのだろう。

そうなるとF1シリーズの楽しみ方はレースそのものをリアルとゲームで比較する楽しみ方もあるが、ちょっと深く入り込んでいくと、各年年のレビューレーションの違いを楽しむなり勉強することのように思えてきた。

走ってもいいんだけど、リアルのレギュレーションを学ぶ座学の楽しみもF1シリーズの醍醐味なのかもしれない。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました