徐々に俺の中で評価を上げつつある スルメゲー エースコンバット7

AC7にハマってSやネームド狩りに挑戦するプレイヤーがちらほらいる。

こんな理不尽無理ゲーに対してこのような挑戦が全く理解できなかったのが最初の頃。

EASYやNORMALで1周終わってもそれが理解できなかったが、HARDを1周クリアしたあたりからその気持が少し分かり始め。SPミッション1、2を楽しいと思えるころからその気持がはっきりしてくる。

Sへの挑戦は分からないが、ネームド狩りは高い確率で挑戦するかもしれない。

高いハードルを超えると楽しい世界が待っているのだが辞退者が多いのがAC7の残念なところである。

AC7っていうのはファミコン文化のゲームだよね。スキマ時間に手軽に遊べるスマホアプリとは対極でガッツリ攻略プランを練ってしっかり腰を据えてプレイしないと楽しめない。

今はゲームソフトも多いし、値段も安い、選択肢は腐るほど有る。
一つのソフトを時間をかけて攻略するスタイルは今の時代にはミスマッチかもしれない。

何度も楽しめる、遊べば遊ぶほど深くなるというのは作品としてはあるべき姿なんだけどね。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました