ゲーミングPCのことが頭を離れない

XBOX oneでゲームをやっている。今のままでもハードとしては十分なスペックだし、大きな不満はなく現状維持でもよいのだが、どうも欲も出てきてもっと高いFPSや解像度でプレイしたくなったり、おま国制裁の呪縛から逃れたかったりで(XBOXは日本市場は目に入っていないご様子)ゲーミングPCが気になって仕方ない。

ノートにするかデスクにするかで迷うところで、ちょっと前なら値段もそれほど変わらないし、性能も昔ほど格差が無くなったということでスペースと携帯性に優れるノートで考えていたのだが、中のCPUやグラボ交換で長く使えそうなデスクもありかと思えてきた。

ノートであれば机の上のスペースを広く使える2 in 1タイプが最適解でちょっと前だとGefo1050以上の性能を持つKabylake Gのノートを検討していたのだが、この石を積んだノートが非常に少ないし値段も高い。コンセプトは良かっただけに非常に残念。

同時期にインテルからドクロのマークの8809G搭載のIntel NUCが発売されていたがこちらも一式そろえると15万ちかくなるであろう予算で挫折。

そうは言っても欲しいものは欲しい。最新情報だとIntel から NUC 9 Extreme Kitというものが今年予定されていて、市販のビデオカードが使えたりと、これまでのGPU内臓のCPUに頼っていたゲーミングノートや小型NUCと異なってディスクリートのグラボが使えるのは非常に興味深い。

Intel NUC 9 Extreme Kitレビュー:小型ゲーミングPCとして最高 _ ギズモード・ジャパンIntel NUC 9 Extreme Kitレビュー:小型ゲーミングPCとして最高 _ ギズモード・ジャパン

ただ問題は予算で、先程の記事を見ると

価格:1,640ドル(約17万6000円)から(GPU、メモリ、ストレージ、OSなし)。

トータルで20万近い予算ということで早くも候補から外れる。

ただコンセプトとしては悪くないし他社も真似するだろうからあと2、3年するとトータルで12、3万円くらいまで値段が落ちてくるのではと予想をしている。

今使っているPCも6年以上は経つと思うから、流石に買い替えたいよね。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました