LED蛍光灯が分からない

蛍光灯が切れたのでこの機にLED蛍光灯に変えようと思っているのだが、LED蛍光灯には電気工事が必要なものも有るらしい。そんなわけでLED照明について軽くネットで調べたのだが、発熱や発火の問題があったりと消費者を不安にさせる情報が次から次へと出てくる。

そんなわけで聞いたことある実績のありそうなメーカーの製品を買うことになると思う。

壊れた蛍光灯を取り外すために蛍光灯のカバーを取ったけど小さい羽蟲が結構出てきたので濡れたティッシュで拭き取った。LED照明にすると虫が寄り付かなくなるそうだ。これから気温が上がっていくと夜も窓を開ける事が増えるからLEDの効果が楽しみである。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. taroh より:

    CS3の流れでこちらにもコメントを失礼します

    蛍光灯と言うことであれば、あまり発熱の心配しなくても良いと思いますよ
    発光するLED自体の発熱は殆ど無いのですが、AC100VからDC5Vに変換する回路が熱を持ちやすく、狭い場所に設置されがちな電球タイプが過熱する事故が起きていたようです

    円形か直線かは分かりかねますが、どちらにしろ蛍光灯に掛けるカバーは空間が大きいので、放熱に関しては余裕あると思います

  2. ikejiru より:

    コメントありがとうございます。以前電球タイプの方を交換したら電球ではなくソケット側が壊れて大変なことになったので警戒しておりました。LEDのメーカーも良く分からないところでしたし、放熱も良くなかったのでおそらく発熱で損傷したのかもしれません。

    >AC100VからDC5Vに変換する回路が熱を持ちやすく
    今まで気づきませんでしたが、この理屈は言われて納得
    大変勉強になりました、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました