焼肉のタレは野菜炒めの為にあるのかもしれない

先日肉にはタレより塩の方が良いという内容の記事を書いたがその続き。つまり肉は塩で食べることが多いものだから、タレの消費スピードが遅くなる。というか賞味期限だか消費期限を過ぎてしまった。

捨てるのももったいないからどうやって消費するかを考え、料理サイトを見ていろいろ使いみちを調査していたわけで、チャーハンに使ったり炊き込みご飯に使ったりと応用例が出てくるもののイマイチピンと来ない。

そんな中思い出したのが野菜炒めに使うこと。昔は野菜炒めに当然のごとく焼肉のタレをかけていたわけだがそれをすっかり忘れていた。

考えてみるとタイトルの通り絶妙に甘っ辛い焼肉のタレは肉以上に味も風味にやや乏しくて食べ続けると飽きが来やすい野菜炒めとの相性が抜群だ。焼肉のタレのおかげで野菜炒めの消費が進むと言っても過言ではない。

とにかく近いうちに野菜炒めを作ることになりそうだ。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました