薬味は要らないのかもしれない~美味いものについて

うなぎの山椒や蕎麦のわさび、めんつゆの長ネギなどが薬味になるのだろうが、これまで薬味の存在意義を考えることもなく薬味を当たり前のように入れていたのだが、ちょっと前に蕎麦を食べた時にわさびの必要性を感じなくなった、最近だとカップ麺の薬味、今日なんかはうなぎの山椒の存在意義を疑うことになった。

ネットで調べたところ薬味の役割は、味の変化や食欲増進もあるらしいが、傾向として主な目的は魚介の臭みを消すことにあるようだ。これなら話は通っている。

うなぎもめんつゆも所属は魚介類である。

目的が臭み消しなら、臭みを感じないなら無くても構わない。

このような理由もあってか、敢えて山椒を出さない鰻屋もある。

慣習や固定観念は恐ろしいもので、時として思考停止でしかない。

食材が高いから美味いわけでもない、伝統料理や有名店だから美味いわけでもない、

結局は自分が美味いと思ったものが美味い、美味い料理はそれに尽きる気がする。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました