ものすごく 2 in 1 のノートパソコンが欲しくなる Ryzenノート良いかも

今メインで使っているノートパソコンは4世代目core i5だから買ってから6、7年になると思う。本来ならとっくに買い替えてもいいはずなのだが、性能的には特に困ることもないので使い続けているが、筐体はクラムシェルで、キーボードは外付けを使っているため、机の面積を無駄に専有するのが嫌で仕方なかった。

数年以上前なら2 in 1はクラムシェルに比べ値段が高かったし何よりラインナップも貧弱だったので、手軽に手が届く商品とは言えなかったが最近はクラムシェルと変わらない価格帯まで下がってきたことも有り本気で欲しくなってきた。

物が置かれていることを不快に思う私にとって机の空間が広いということは精神衛生上非常に重要なことである。

購入時期としてはインテルの新しいCPUが投入されるであろう次の秋冬を考えていたのだが、インテルのCPUの開発や生産状況が芳しくないようで、AMDの方を検討してみたがこれが悪くない、CPUのベンチマーク結果は良好だし、コスパもインテル製より幾分安い。何よりAMDの方が開発デリバリーが上手く言っているような印象もある。

3000番台のRyzenノートをポチりそうになったが、分かる人には分かるようでとっくに売り切れ、次世代の4000番台のRyzenが気になって調べてみたら今年の初めにリリースされたから、そろそろ製品に搭載されて市場に流通することだろう。しかも性能は3000番台よりかなり向上する。

夏のボーナス宣戦に向けて市場にも4000番台の2 in 1ノートも投入されると予想しているが、おそらくその時にポチることになると思う。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました