もっと若いときから投資をやっておくべきだった

四季報を読んでいるとしみじみと感じる。投資で成功している人はもちろんだが失敗している人を見てもそう感じる。

投資というのは結局の所勉強と試行錯誤の積み重ねがものを言うようで銘柄や売買操作の感覚を憶えるには記憶力に優れる若いうちが一番

若いころに基礎知識を身に着けて、社会人経験で得ることの出来る総合的だったり他と関連付けして物事を考えるスキルと前述の基礎知識がミックスされたときに投資で本領が発揮されると思えてきた。

今も勉強中ではあるが、座学ばっかりでも前に進まないから、そろそろ別の証券会社に口座を作ったり久々に売買の方を再開しようと思う。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました