結局キーボードを新調してしまった

キーボードと疲労度について
こちらの記事で、これまでメインで使ってたメンブレンキーボードでは違和感と不快感による疲労感を強く感じるようになったので、手元のメカニカルキーボードを引っ張り出してきて疲労感が軽減された事を書いたのだがその続き。

疲労感の要因を自分なりに分析した所、軽い力とショートストロークでリズミカルにタイピング出来ないことが原因で、メカニカルキーボードによって力の部分は解消されたのだが、ストロークの問題が解決されなかった。

結局ストローク量と力は相関する部分もあってキーストロークが長ければ力も必要になってくる。そんなわけで低床メカニカルキーボードの購入を検討するようになったわけだが、如何せん値段が1万円近くと安くはない。

もちろんキーボードは一度買えば数年は使えるものだから、決して1万円という値段が高いとも言えないわけだが、この手のユーザーインターフェースに関わる商品は相性の問題で当たり外れがあって、外れてしまうとお金がムダになるばかりか、ムダなゴミが増えてしまうから、つい及び腰になってしまう。

そんな時に思い出したのが昔のノートパソコンのパンタグラフキーボードの小気味の良さ。パンタグラフはショートストロークだし、メンブレンよりはキータッチが良いからなかなか使っていて気持ちが良かった。

値段はどんなものかと調べてみたらメカニカルキーボードよりはるかに安い値段でメンブレンと同等の値段だったのでちょっと考えた末結局注文してしまった。

欲を言うとキートップがシリンドリカル形状(凹形状)だと良いのだが、最近はデザイン重視やらコスト削減云々でフラットなキートップなのが残念である。

身体に触れるユーザーインターフェースの部分こそ下手にコスト削減に走らずに使い勝手の良いもの、ストレスの少ない形状にすべきだと思うのだけどね。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました