直管LEDランプでトラブる

この前交換したLEDランプが突然つかなくなる。たしか5、6年以上前の製品だから設計が悪かったり、経年劣化だろうと疑ってはいたが、一番恐ろしいのはLED側の故障ではなく照明器具の故障や焼損の方、こうなると照明器具の全交換になるから費用も手間もかかる。

蓋をあけて確認したところ、器具の方は問題なさそう。ダミースターターの故障の疑いもあったから、隣で正常に動いているLEDランプのダミースターターと交換するが点灯しない。

しかしちょっと気になったのがランプに印刷された製品型番やスペックの表記で、正常に点灯する方は文字が真下を向いているのに対し、点灯しない方は真下ではなく斜め下を向いている。

まさかと思ってランプを回転させ文字を真下に向けたところ無事に点灯した。

今まで点灯していたからランプの故障を疑っていたのだが、まさか単純な接触不良だったとは。

とりあえずLEDランプが長持ちしてくれることを祈るばかりだ。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました