ホムセンで思った歯科治療への願い

歯の詰め物が割れたので、歯医者に行ってきたが、当然のごとく詰め物を入れる為にまた歯を削られるわけだ。つまり歯の治療というのは回数が決まっていて何回でも出来るものではなく削れば削るほど歯は駄目になっていく。

最初は削って埋めて治療できていたものが繰り返し治療することで元の歯がどんどん削られ、神経を抜かれ歯が駄目になり抜歯する羽目になる。

そう考えると歯の治療は却って歯を駄目することのように思えてきたのだが、治療の現場でも考えは変わってきたようでなるべく歯を削らないとかなるべく歯を抜かない治療をする歯医者が増えたようで、これはこれで一安心である。

さてホームセンターのペンキコーナーに行ったら、錆の上から塗れるペンキが売られていた。そんなわけで歯の詰め物も同じ様にならないものかと思ったわけだ。

これなら歯を削らなくて済むから将来的な抜歯の確率が低くなる。

削ったり悪い部分を取り除いて、新しいもので埋めるという治療は歯科に限らず他の医療分野でも行われているのかもしれないが

悪い部分を残したまま、悪い部分を無害化しつつ失われた部分を補填する、こういう発想をする医療関係者は一人二人はいるだろう。

いずれ技術が進歩して削らない、抜かない、痛みが少ないという軽負荷かつ良質な医療材料が生まれてくれることを願うばかりである。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました