改めてインターネットというのは歴史的革命だと思った

気になったことを検索すると直ぐに答えが出てくる。

ネット時代の現代では当たり前のことだが、それ以前の時代ではありえないことだった。

分からないことは人に聞いたり、本を読んで調べるのが当たり前。

今や足労をかけなくてもパソコンでキーワードを打ち込むだけで問題解決出来てしまうのだから、冷静に考えてみると奇跡的なことである。

もちろん検索に依存して考える能力が低下したり、検索で出てきた答えが正しいかどうかといった問題もあるのだが、インターネットというものが便利で人々の生活、文化を革新的に飛躍させたことが否定しようの無い事実であり、

この衝撃的な技術が今や当たり前の事となり感動に不感症になってしまうことに若干の危機感を感じている。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました