やはり水性ニスは耐久性がイマイチ

フローリングがささくれ立って足に刺さるようになってきたので、ニスを塗ったのだが、ニスの膜が薄くなったようで一部剥がれて地が出てきてしまった。

ニスを塗るときにはきちんと綺麗に汚れや油分を取って、ヤスリがけをして表面を平滑にしてからニスを塗るべきなのだが、塗る前の洗浄は軽く水拭きした程度だからニスの定着が良くなかった可能性もあるが、塗った面を触ってみた感じは摩耗でニスの被膜が薄くなった感の方が強い。

使ったのは水性ウレタンニス、剥がれてきたのはフローリングでもキャスターが通過しやすい場所だったから、膜が薄くなるのは仕方ない。

塗ったのは確か3ヶ月位前だから、油性ニスに比べれば耐久性は殆ど無かったのだが、ワックスに比べれば全然長持ちしたし、扱いが面倒くさい油性ニスに比べれば全然ラクなので割り切って使えば選択肢としては全然アリ。とはいえ時間と技術があるなら油性ニスで全体的に塗り直したい所。

いずれにしても近いうちにまた塗り直すことになるだろう。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました