食い物は普通の人が食べたがらない部位、食べづらい部位こそ美味い

今でも忘れない印象深い台湾時代の思い出に食文化がある。台湾では日本のスーパーには並ばないまるごとの舌肉や豚足なんかが普通に売られているし、日本のような丁寧な精肉技術があるわけでもないから骨付き肉が結構多い、詳細はネットに情報があるから割愛するが、近所の良く通っていた三宝飯屋(鳥の照焼丼みたいな物)のおまけのスープは印象があった。

ちなみに台湾の食堂ではスープが無料でおかわり自由なことが多い。無料のスープだから中の具材は余り物のクズ野菜や肉、味付けは塩と化調ベースのシンプルなものだがあっさり味でこれがなかなか美味い。

話を戻す、三宝飯屋だから鴨や鶏のような鳥肉をよく使うわけで鳥のクズ肉が出るから、これらは当然のごとくスープの具材になる。そこの店のスープは驚いたことに鶏の頭が丸々入っていた。

当然の如くとさかはついているし目玉も付いている。鶏は目をつぶった状態ないのだが、それでも最初は抵抗があった。

しかし捨てるのも勿体ないから食べてみると、これが美味い。とさかはコラーゲンのような弾力のある食感だし。目の周りも魚の目玉のようにトロトロして美味い。

頭の部分は台湾人でも好き好んで食べている様子は無いのだが、この美味さが分かってから私は率先して頭を食べるようになった。

しかし鶏の頭なんてゴルフボールくらいの大きさだし、頭だから骨も多く可食部は少ない。

鶏の頭の一軒で思ったのは見た目がグロくて人が好んで食べない部分や食べづらい部位は食べてみると美味しいことが多い。

魚で言えば目玉の周りはトロトロして美味いし、骨付き肉は脂身と肉の歯ごたえのバランスが良くて味だけでなく食べごたえもある。果物の皮も捨てることが多いがリンゴや葡萄なんかは普通に皮ごと食える。スーパーに時々並ぶ聞いたこともないような肉や魚、野菜なんかも食べてみると普通に美味い。

しかもこうした食材は人気が無いから安いと来た。

食べ物の値段と味なんて比例するものではなく、値段なんて言うのは知名度や食べ易さ、需給バランスに影響されるものだから食べ物の値段というのは有って無いようなものである。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました