今こそ買いなのかもしれない、次亜塩素酸水生成器

コロナ騒動でこの手の商品が溢れたわけだが、数千円で買える安物に関しては出来上がるのは次亜塩素酸水ではなく次亜塩素酸ナトリウム液という名前は似ているが非なるものらしい。違いに関しては化学の話になるので割愛するが、とにかく性質的には別ものということだ。

しかしながら調べてみると次亜塩素酸ナトリウムというのはカビ取り剤や漂白剤に使われるようなもので、つまり塩があればハイターやカビキラーが要らなくなると思えばこれはこれでアリだと思えてきた。この手の商品は安くても100円はするが、自分で作ればコストは数十分の1になる。

メーカーも在庫を処分したいらしく、今だと安いもので送料込みで1000円位で買える、送料を考えると商品価格は6、700円位だろうから底値だと思う。数が無くなったり、コロナ騒動が再燃すればまた値上がりするだろうから、迷った挙げ句注文した。適当な写真を貼っておきます。

効果は試していないので、また別の記事で検証結果を書こうと思う。


(500mlのペットボトルより一回り大きい)

(嫌な予感)
(案の定英語ですが、塩は7.5~22.5g入れれば良いようですね。計量スプーンもついています)

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました