節約派のゲーミングPCの買い時について考えたこと

最近のAMDの活躍はめざましくRyzenのコスパの良さもあってCPUのシェアは良いスピードで伸びている。グラボの方もNVIDIAとの性能差は縮まり、製品によってはコスパで充分戦えるものもあるから、今後もかなり期待できそう。

金があるならその時その時のハイエンドを選ぶのが良い訳だが10万円を超える買い物だから毎年それをやっていると財布はきつくなるし、使わなくなったマシンの置き場や処分に困ることになる。

今すぐ欲しいならデスクにせよノートにせよCPUは4000番台RYZENでグラボはGefo1660~2060の組み合わせがコスパが良さそうな感じがある。インテルのCPUだと1、2万は高いしAMDのグラボはミドルクラスはメリットが感じられない。

待てるのであれば2、3年後。来年にはプロセス5nmでDDR5対応のRYZENが出てくるという話があるが、新商品は強気の価格設定をされるのでコスパがイマイチというのもあるが、何より技術的に大幅変更が入ったものは不具合のリスクが高いので、市場デバッグが終わって修正や改善が入った、来年の次のモデルチェンジで買った方が安全かと思われる。

不具合対応というのは調査や問題の切り分けや交換修理手続きに時間が取られるのもあるが、商品発送の運送料で数千円飛んでいくのが地味に痛手である。2、3年後ならば2080クラスがミドルクラスの3万円前後になると思われるし、AMDのグラボも性能が上がってGefoと十分戦えるものになるのではなかろうか。

いずれにしてもゲーミングPCの現行ハイエンドクラスは最低予算は15万はかかるわけだが2、3年待てば、それが10万円台前半まで下がるというのが私の予想。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました