自作PCにメリットは少ない

来年以降にゲーム用にデスクトップPCを作ろうと思って色々コスト計算をしていたが、トータルコストで考えるとショップやメーカーで買うものと同等かそれより高くなることが分かった。

自作のメリットに好きなパーツを選べる点があるが、相性問題だったり他の部品との干渉もあるから部品選びは何かと難しい。時間をかけて調べて数千円、数万円払って買ったものがお釈迦になることが当たり前。

あと細かいことだが自作は部品点数が増えるのでメーカー製より製品梱包用の箱が場所を取りやすいという欠点もある。

そう考えるとリスクが少なく保証のしっかりしたメーカー製のゲーミングPCを買った方が確実ということになった。

今の自作のメリットと言うとコンピューター周りの規格やインターフェイスに詳しくなること、プラモデルのように作り上げる楽しさの2点くらいだろう。ここに価値を見いだせなければ自作に手を出さない方が良いと思う。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました