梅雨が明けてから突然の夏

今年の関東の梅雨明けは遅めで8月1日。おかげで7月は雨の日が多かったものの気温が上がらず中々過ごしやすかった。

梅雨が明けてから、一気に夏突入で昼前には気温が30度を超えるし昼頃の気温がピークのときには室温が35度近くまで上がる。

当然のこと暑いわけだが湿度がそれ程高くないので表示された気温ほど暑さは感じないがそれでも黙っているだけで汗が出てきて身体のベタつきを感じる。

水分を大量に摂取しても尿意を催すことが少ないので摂取した水分がかなり汗として出ていっている様子である。

夏場は昼間の暑さも辛いが夜の蒸し暑さも違った辛さがある。日付が変わっても室温は30度前後、昼よりも湿度が高いため不快感が強い。

当然のごとく身体がベタつくから気持ちよく眠れない、明け方くらいになって少し空気が爽やかになって眠れるわけだが、すぐ朝7、8時から強烈な太陽によってどんどん室温が上がり強制的に叩き起こされることになる。

よく眠れていないから、疲れが取れず常に睡魔に襲われるのだが汗で身体がベタついているのでベッドで仮眠を取ることもできない。

こうした辛い状況がこれから1ヶ月続くわけだ。

9月の中旬になると夜は少しマシになるんだけど、短いようで長い一ヶ月だよね。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました