GeForce NOW ってどうなんだろうな

最近はちょくちょくPCでゲームをすることになったが、オンボのグラボだとクオリティの高い設定でプレイをすることは困難である。

よってゲーミングPC購入の必要性を強く感じているわけだが、GeForce NOWになると負荷の高いゲーム処理をサーバー側でやってくれるのでクライアント側のハードへの要求は高いものではなくなる。

つまり高くて電気を食うゲーミングPCを用意する必要が無いわけだが、ネガティブファクターもいくつかあって、クラウドサービスということはスタンドアロン環境ではプレイできないだろうし、高速かつ安定したネット回線が必要。

月額料金も月1,800とお得感に乏しく、ソフトの数も現段階で600本しかないのでコアなゲーマー以外の普通のプレイヤーにはメリットが感じられない。

全キャリア対応のクラウドゲームサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」
オフィシャルサイトにはこういう一文がある。

”※ ゲームタイトルは個別にデジタルストアで購入いただく必要があり有料コンテンツの場合、別途費用がかかります。”

つまり月1,800を月額基本料が必要な上ソフトは別途買わなければならない。

どう考えても割高だよね。基本料は月額500円程度、高くても1000円くらいにしないと人が集まらないんじゃないかな。

恐らく今のままではGeForce NOW は頓挫するだろうからサービス内容の改変更や改善が入るとは思うけど、節約志向かつネット回線が脆弱な私なら5万円位のPCにGefo1550以上のグラボを追加してゲーミングPCを作ってSteamで遊ぶ方を選ぶだろう。

いずれにしても割高な印象の月額基本料と600本という少ないソフトはネックになるだろう。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました