酷暑を辛く感じさせるのは脳疲労と湿度

エアコン無しで夏を乗り越えているわけだが、辛い時間帯は気温がピークの昼時よりも、湿度高くなる夜や、脳疲労で眠りたくても暑さで眠れない時。

やはり湿度が高いと汗をかいても気化熱で体温を下げることが難しくなるし、眠れないときの疲労感は脳が正常に働いていないので脳の不快感や違和感が半端ない。

日々直近の1時間予報と週間予報を見ながら一喜一憂しているわけだが、この辛い暑さのピークも1週間から10日程度。短いと言えば短いのだが辛いものは辛いのである。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました