投資モードでブログの存在を忘れる~予測や仕込みの重要性について

久々の投稿。株について自己流で勉強をしていた。今はユーチューブでプロのレクチャーを無料で受けることも出来るのでそれを見るのも有効な方法だが、ユーチューブというのはエンタメ要素も多く情報密度が低かったり、自分とスタイルが合わないこともあり、あまり見ることはなかったのだが、最近は勉強の方も一段落ついたので、他の人のやり方の研究と凝り固まった考えを転換する意味でユーチューブの方もチェックするようにした。

結論としては気づきや発見があってこれが良かった。私の場合は安定性重視で有名な機械やエネルギー系で割安の物を選んでいたのだが、億単位で稼いでいる人は選ぶ銘柄が違う、私が避けてきたネットサービス関係が多い。私が避けてきた理由は値落ちが激しいから。しかしながら彼らの話を聞くときちんと下調べすればリターンの大きい銘柄を発掘できるとも思えてきた。

資産のある個人投資家は他人から狙った銘柄が注目されることを避けるため、早い段階から小出しに買っていくらしい。これは理にかなっている。問題は銘柄選び、彼らは年とか数ヶ月レベルの前から事業内容や業績を調べ、彼らなりのストーリーを組み立てて高確率で勝てる見込みのある銘柄を絞り込んでいく。この予測や仕込みの具体性やデータ量が私の想像を遥かに超えていた。

短期の投資で通じる方法とは思えないが、こういうスタイルは知っておいて損はないし私もいつか参考にすることになるかもしれない。

自分のやり方は大事だが時々は人のやり方に耳を傾けると色々発見がある。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました