バイオリズムはどうにもならない

昼間や夕方に突然眠くなることが多い。退屈な作業ややったことのない未知なる作業をしているとこの状態に陥ることが更に増える。世間では病気扱いされそうな気もするけど、これは病気では無い気もする。

仮眠を取るのだが、仮眠をとっても駄目3、4時間という長い仮眠をとってしまうことも少なくない。

目覚ましに軽い運動をしたり対策を取るものの気休め程度にしかならなかった。コーヒーで目を醒ます方法もあるが、最近はコーヒーに対する感度が高くなりすぎて脳のストレスや不快感が上がってしまうのでコーヒーは飲めない

難しい作業や退屈な作業をしていると、脳がストレスを感じたり疲労して作業から逃げようとするときに脳の血流を落としてスリープモードに入ろうとするのでこれが突然の眠気につながるのだろう。

それ以上に大きい要因はバイオリズムで、時間帯によっては眠くなりがちな単純作業でも覚醒状態で作業ができることもある。

正直困っているのでどうにかならないものかと試行錯誤はしていたが、10代20代の時のように、いつも元気いっぱい、寝れば直ぐに気力回復とはいかないのが自然なものだと考え直して、眠気を素直に受け入れることにした。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました