レースゲームに学ぶ投資マインド

最近の銘柄選びや売買のタイミングにはレースゲームの感覚を自然と意識していることが多い。

値上がりする銘柄を予想する精度は多少上がった気もするが、弱いのが売買のタイミング、

特に売りのタイミングが非常に悪く、僅かなプラスで怖くなって直ぐに利確してしまい、損をしてしまっているケースが多い。

買いのタイミングに関しても、焦りすぎて落下中のナイフを拾ってしまい、資金がロックされタイムロスをしている傾向にある。

結局問題なのは下調べや売買タイミングのストーリ立ての未熟さで

情報量が大事なのはもちろんだが、他のプレイヤー(投資家)の動きを予測することが非常に大事と考えるようになった。

攻略のアプローチはレースゲームと通じる部分がある。

効率よくプレイするにはゲームシステム等の情報を大量に集めそれを分析する必要があるし、

レースに勝つためにはコーナー手前のブレーキタイミングや相手マシンの挙動を予測する必要がある

それも動きやコーナーが見えてから反応するのでは遅く、動く前の段階から予想を立てておかないと身体が反応する頃には間に合わず追い越せなかったり、衝突やコースアウトしてしまう。

つまり見える前に判断できなければ駄目なのである。

最近はこうした方針のもと取引を行っているがこの方向性が結果に反映されると信じたい。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました