損切りはすべきかしないべきか

株の取引を再開して3ヶ月目になる。いろいろ情報に目を通していると、損切りへの向き合い方に関する記事を目にすることが多い。

傾向としては塩漬けは厳禁で下落率のルールを決めて機械的に処理すべきという内容が多い。

私もそれを否定するつもりは無いが、ケースバイケースかなと思っている。

上がる材料があるならば持ち続けてもいいし、急な運転資金が必要ではないならば、塩漬けにしておくのも悪くないと思う。

なぜなら買ったときには結構時間をかけて業績やビジネスを調べて株価が上がる確信をもって選定した銘柄だからだ。

もちろん状況が変われば、損切りすることもあるのだが、果報は寝て待て方法で見事に株価が戻り僅かだが利益をもたらしてくれるケースが多い。また自分の分析が甘い状態で銘柄を乗り換えても結局は結果は同じで損失を広げることに変わりはないので、植物を育てるつもりで中長期視点で放置することにしている。

まとめると損切りに関してはマイルールはなく、その時の企業の業績や市場の動向等状況を分析してケースバイケース、紙くずになるなら損切りするがそうでなければ塩漬けにするというのが私の考え。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました