料理でやらかす めんつゆの弊害

キャベツが安かったのでボルシチをイメージしてスペアリブとラディッシュも入れて塩味ベースのスープを作った。

野菜や肉そのものの素材の味を楽しみたかったので薄味に作ったのだが、やはり塩気が物足りなくなって出しの風味に期待して少しだけめんつゆを入れてみたが、スープの味が完全にめんつゆになってしまい失敗した。

めんつゆのだしの風味は想像以上に強力でちょっと入れただけで隠し味の領域を超えてしまったのは失敗。これからはめんつゆは控えようと反省した。

同じことは化学調味料でも言えるけど簡単にある程度のレベルの味が保証される分、強力な効果のあまり他の味をかき消してしまうので注意は必要。

最近はすでに調合済みの便利な調味料が増えているが、この手のものを使うと外食的でかえって単調な味に感じてしまう。

なんだかんだでシンプルに塩や香辛料で味付けするのが正解なのかもしれない。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました